Infrastructure における New Relic APM のデータ

New Relic APMInfrastructure の統合により、APM のデータとインフラのデータを並べて表示できるようになります。それにより、問題がどこで起こっても、問題の根本的な原因をより早く見つけ出せることができます。このドキュメントでは、Infrastructure 上での APM データを見る場所とその活用方法を説明します。

Compute ページの APM チャート

Infrastructure APM chart
infrastructure.newrelic.com > Compute page:: New Relic APM と Infrastructure をリンクすると、Infrastructure の Compute ページ下部に APM のチャートが表示されます。

インフラストラクチャの Compute ページ下部に APM のチャートがあります。チャートのドロップダウンから、以下の3種類のチャートに切り替えることができます。

  • アプリケーションのレスポンスタイム
  • アプリケーションのスループット
  • アプリケーションのエラー率

APM のチャートは、適用した保存済みのフィルターセットに関係なく、全ホストにまたがったアプリのデータを表示します。
Compute ページの他のチャートとは異なり、APM チャートではホスト別のデータは表示できません。

たとえば、保存済みフィルターセット内で特定の awsRegion でフィルターするとします。APM のチャートは、そのAWS リージョンのトップランクのアプリが表示されますが、指定した AWS リージョンのアプリのデータだけでなく、すべてのホストのアプリのデータが表示されます。

アプリ名や ID で Infrastructure のデータをフィルターする

New Relic APM がインフラストラクチャアカウントにリンクされている場合、以下の追加属性はホストのフィルタリングに利用できます。

  • アプリケーション ID
  • アプリケーション名

保存済みフィルターセットの動作についての詳細は、保存済みフィルターセットをご覧ください。

APM 関連のフィルターのカテゴリは、Infrastructure のInventory ページEvents ページチャート/テーブル表示でも利用できます。

APM データが見えないときのトラブルシューティング

同じホストに APM エージェントと Infrastructure エージェントの両方がインストールされている場合、APM/Infrastructure の統合は自動的に行われます。Infrastructure で APM のデータが表示されない場合は、トラブルシューティング: Infrastructure からの APM データが見えないをご覧ください。

関連情報

関連情報は以下のとおりです。