フィルターセット: インフラのホストを整理する

New Relic Infrastructure では、filter sets (フィルターセット)を作成して、ホスト、クラスタのロール、その他のリソースを、各自の最も重要な基準に基づいて整理できます。

これにより、フォーカスを当てたビューを使用して、問題を事前に監視、検出、解決することで、リソースを最適化できます。Infrastructure 属性に基づいてフィルタセットを作成できます。

たとえば、インフラを以下のようなカテゴリに整理できます。

  • 1つ以上の AWS リージョンなどの地理的位置
  • OS をバージョン別
  • Docker コンテナや Elasticsearch構造など、特定のアプリケーションに関連付けられたホスト
  • (カスタム属性を使った) テストや本番など環境別
  • (カスタム属性を使った) ネットワークオペレーションセンター (NOC) や特定の DevOps チームなどのチーム別

フィルターセットにおいて必要な数のフィルターを組み合わせて、saved filter sets として保存すると、アカウント内の他のメンバーと共有できます。フィルターセットには、フィルターセット内の各ホストのアラート状態も表示されるため、インフラの問題のある領域をすばやく特定できます。

screen-infra-filter-sets-sidebar.png
infrastructure.newrelic.com > Compute > (フィルターセットのサイドバー): 保存されたフィルターセットは、独自条件に基づいてホストを整理できる強力なツールです。フィルターセットのサイドバーから、フィルターセットの作成、編集、選択します。 「健康状態バー」には、フィルターセット内の各ホストのアラート状態が表示されます。

フィルターセットの作成

誰でもアカウント内の保存されたフィルターセットの追加、表示、編集、削除が行えます。

New Relic Infrastructure をインストールすると、デフォルトで、保存済みのフィルターセットが1つ(All hosts)含まれます。フィルターセットを追加したい場合は、以下の手順で作成できます。

  1. infrastructure.newrelic.com から各ページへ移動します。
  2. フィルタセットのサイドバーから Add Filter [フィルタを追加]を選択します。フィルタ条件を入力するか、ドロップダウンメニューから属性カテゴリを検索します。
  3. 必要な分のフィルターを追加します。
  4. Unsaved filter [未保存のフィルター]をクリックし、名前を入力し、Save を押します。

Filter Sets のサイドバーは追加や更新によって自動的にリフレッシュされます。

フィルターセットの表示と利用

New Relic UI のフィルターセットのデフォルト表示は All hosts です。他のフィルタセットを使用する手順は以下の通りです。

  1. infrastructure.newrelic.com から、各ページに移動します。
  2. Saved Filter Sets [保存済みフィルターセット]を選択し、リストから選択します。
  3. すべてのホストを再度表示するには、 Saved Filter Sets > All hosts を選択します。

フィルターセットの編集

新規や別の条件でフィルターセットを更新したい場合やフィルターセットの名前を変更する場合の手順は以下の通りです。

  1. infrastructure.newrelic.com から、各ページに移動します。
  2. フィルターセットのサイドバーから、対象のフィルターセットを編集します。

    • 条件の追加: 編集するフィルターセットを選択します。 Add Filter [フィルタを追加]ボタンを使用して条件を追加します。
    • 条件の削除: 削除したい条件の x アイコンを押します。
    • フィルターセットの名前変更: フィルターセットを選択し、フィルターセットの名前上でクリックします。
  3. Save を押します。

保存済みのフィルターセットの削除

デフォルトの All hosts 以外の保存済みのフィルターセットを削除できます。

  1. infrastructure.newrelic.com から、Settings > Filter sets へアクセスします。
  2. ゴミ箱 [delete icon] アイコンを選択し、フィルターセットを削除します。

グループ化とフィルターセットの連携

一部のページでは、Group by を使用して、チャートの結果を特定の属性でグループ化できます。たとえば、Compute ページでは、awsRegion でグループ化し、CPU 使用率が最も高い AWS リージョンを表示したりできます。

グループ化は、選択しているフィルターセットに対して適用されます。フィルターセットとグループ化を組み合わせることで、システムの詳細情報を素早く見つけることができます。これらのツールを使用して、問題をトラブルシューティングする例については、フィルタセットとグループ化を組み合わせるをご覧ください。