New Relic Infrastructure ベストプラクティス

あなたの平均睡眠時間(Mean Time Between Loss of Sleep)を増加させる8つの方法

邪魔されずに長時間ぐっすり眠りたいですよね? New Relic Infrastructure を使って、動的インフラストラクチャとサーバーを監視するための 8 つのベストプラクティスをここでは紹介します。

1. Infrastructure エージェントを全環境にインストールする

New Relic Infrastructure は、大規模で動的に変化する環境でスケールするエンタープライズ向けの顧客を監視できるように設計されています。これを容易にするために、UI は、タグによって完全にフィルタリングでき、多数のサーバーの集計されたメトリック、イベント、インベントリを視覚化できます。Infrastructure による監視を最大限に活用するには、御社の環境全体に、できれば複数のリージョンやクラスタにも、New Relic Infrastructure をインストールすることをお勧めします。そうすることで、ホストのエコシステムの健全性と御社のインフラがアプリケーションに与えている影響をより正確に把握できるようになります。

平均修復時間 (MTTR) より短くしたいですか? データベースサーバーや Web サーバー、アプリケーションをサポートするホストに Infrastructure をインストールしてください。エージェントをデプロイするときは、カスタム属性を使ってホストにタグを付けます。そうすることで、UI でタグ単位で データをフィルタリングしたり、アラートを設定したりできるようなります。これは、EC2 インテグレーションを有効にすると自動的にインポートされる Amazon EC2 タグに加えて使用できます。また、エージェントのログをシステムログとは別のものにすることもできます。これは、設定を通じて行うことができます。

そうするための手順

  1. Chef、Puppet、Anipal などの設定管理ツール用のインストールモジュールを活用して、簡単にすべてのインフラ環境にエージェントを展開できます。
  2. 上記のリンクにある設定管理ツールそれぞれの github リポジトリの説明を読み、ホストにタグを付けるために使用する custom_attributesを 定義します。
  3. New Relic Infrastructure エージェントのログの適した場所に
    log_file 属性を設定します。
エージェントを単一のホストにインストールするだけならば、処理は数分で終わります。詳細な手順はドキュメントに記載されています。

2. EC2 インテグレーションの設定

AWS 環境をお使いの場合は、EC2 インスタンスに Infrastructure エージェントをインストールして監視するだけでなく、EC2 インテグレーションを設定することで、AWS インスタンスに関連付けられているタグとメタデータを自動的に New Relic Infrastructure インポートできます。これにより、同じ AWS タグ(例: ECTag_Role=’Kafka’)を使ってインフラを絞り込み、データを複数の方法で分析できます。さらに、「アラート」や「保存済みフィルタセット」は完全にタグ駆動型でダイナミックに動作するため、タグに一致するインスタンスを自動的に追加/削除します。クラウドインフラストラクチャに合わせてリアルタイムのビューをユーザーに提供します。

そうするための手順

  1. New Relic Infrastructure メニューバーから、Integrations を選択します。
  2. EC2 インテグレーションを有効にします。
    1. AWS インテグレーションをまだ設定していない場合は、Amazon Web Services EC2 ボタンをクリックし、指示に従い設定しえください。
    2. AWS インテグレーションを設定済みの場合は、以下のことを行います。
      1. 画面右上の Manage Services リンクをクリックします。
      2. EC2 チェックボックスにチェックします。
      3. 右下の Save Changes をクリックします。

infra-setup.png

infrastructure.newrelic.com > Integrations.

3. Pro サブスクリプションで使えるインテグレーションを有効にする

Infrastructure の監視は、CPU、メモリ、ストレージの利用率の監視だけではありません。Infrastructure Pro には、ホストをサポートしているサービスを監視できる、すぐに使用できるインテグレーションがあります。AWS Billing、AWS ELB、Amazon S3、MySQL、NGINX などの20以上のインテグレーションをアクティブできます。これを使うことで、AWS やオンホストアプリケーションの監視機能を拡張できます。それぞれのインテグレーション用に用意されたダッシュボードにアクセスしましょう。

そうするための手順

AWS インテグレーション:

  1. New Relic Infrastructure メニューバーから、Integrations を選択します。
  2. 設定するインテグレーションをクリックします。
  3. 表示される手順に従い、New Relic と AWS アカウントを接続します。
  4. 有効にしたいインテグレーションを選択します。

オンホストのインテグレーション:

  1. New Relic Infrastructure メニューバーから、 Integrations を選択します。
  2. On Host Integrations タブをクリックします。
  3. リンクをクリックして、インテグレーションを設定 し、マニュアルの手順に従って設定を行います。
  4. インテグレーションが始まり、データの送信が開始されると、自動的に “Active” と表示されます。

infra-integration-enable.png

infrastructure.newrelic.com > Integrations

4. フィルターセットの作成

New Relic Infrastructure では、ユーザーは、自身の基準に基づき、ホスト、クラスタのロール、その他のリソースを整理するためのフィルタセットを作成できます。これにより、焦点を当てたビューを使用して、問題を事前に監視、検出、解決するために、リソースを最適化します。フィルタリングの属性は、自動的にインポート済みのEC2 タグやホストに適用されるカスタムタグから生成されます。フィルタセットは必要なフィルタを組み合わせることができます。また、アカウント内の他の人と共有することもできます。

また、フィルタセット内の各ホストの色分けされた健全性ステータスを確認できるため、インフラの問題のある領域をすばやく特定できます。さらに、ヘルスマップでフィルタセットを使うと、チームにとって重要なフィルタに基づいて、インフラのパフォーマンスの概要を一目で把握できます。

infra-filter-set.png

infrastructure.newrelic.com > Compute > Add filter.

そうするための手順

  1. New Relic Infrastructure メニューバーから、Compute を選択します。
  2. 左にある Add Filter ボタンをクリックします。フィルタリング基準を指定します。
  3. New Filter Set の横にある編集アイコンをクリックし、フィルタセットの名前を設定します。
  4. Save をクリックします。
  5. 左側のサイドバーの上部にある Saved Filter Sets をクリックして、フィルタセットにアクセスします。

5. アラート条件を作成する

New Relic Infrastructure を使うと、現在 New Relic で監視している状況下で、アラート条件を直接作成できます。たとえば、多数のホストで構成されたフィルタセットを表示しているときに問題が発生した場合は、その中のすべてのホストに対して個別のアラート条件を作成する必要はありません。代わりに、表示しているメトリックのチャートからアラート条件の作成を直接開始し、適用しているフィルタタグに基づいたアラート条件を作成できます。そうすることで、タグに一致するホストに対してアラート条件が作成され、Infrastructure はオフラインになったホストを自動的に削除したり、タグに一致するホストが新しく追加された場合は自動的にそれをアラート条件に追加します。適切なタグ用に一度設定されたアラートは、今後のすべてのホストで正しく調整されます。Infrastructure
のアラート条件に既存のアラートポリシーを活用することもできます。

infra-alerts.png

infrastructure.newrelic.com > Integrations

そうするための手順

Compute, Network, Storage、Processes のメトリクス

  1. New Relic Infrastructure のメニューバーから、アラートを送信するメトリクスを含むタブを選択します。
  2. チャートの右上にある鈴アイコン (“Set Alert”) をクリックします。
  3. アラート条件の名前を入力します。
  4. Narrow Down Entities [エンティティを絞り込む]ドロップダウンからフィルターを追加します。
  5. メトリックを選択し、閾値を入力します。
  6. 既存のアラートポリシーを選択するか、新しいアラートポリシーを作成します。
  7. Create をクリックします。

Integrations

  1. New Relic Infrastructure のメニューバーから、 Integrations を選択します。
  2. アラートを作成するインテグレーションの Set Alert リンクをクリックします。
  3. アラート条件の名前を入力します。
  4. Narrow Down Entities [エンティティを絞り込む]ドロップダウンからフィルターを追加します。
  5. メトリックを選択し、閾値を入力します。
  6. 既存のアラートポリシーを選択するか、新しいアラートポリシーを作成します。
  7. Create をクリックします。

6. Infrastructure データと APM データを一緒に表示する

New Relic APM と Infrastructure とのインテグレーションにより、APM のデータと Infrastructure のデータを並べて表示できるようになります。問題の根本的な原因を素早く突き止めることができます。これにより、ユーザーは、ホストとそのホスト上で実行されているアプリケーションのパフォーマンス関係を確認でき、問題の迅速な診断とビジネスの健康への影響を確認できます。

ヘルスマップを使うと、アプリケーションの健全性に関連する問題や警告、動かしているインフラにどのように接続されているかをすばやく検出できます。左上のボックスが1番目です。これが1番注意すべてきものとなります。

infra-health-map.png

infrastructure.newrelic.com > Maps > Health map

そうするための手順

  1. トップメニューから Health map をクリックします。
  2. Infrastructure のフィルタセットに基づいて、アプリケーション中心のビューまたはホスト中心のビューを選択します。
  3. フィルタを使って、興味のあるものに絞り込みます
  4. ボックス上にマウスを置くと、現在の問題に関する情報がツールチップで表示されます。
  5. ボックスのタイトルをクリックすると、該当する APM または Infrastructure のページに移動し、アプリケーションやホストの詳細が表示されます。

7. New Relic Insights から Infrastructure データへのアクセス

複数の New Relic 製品を使用している場合は、Infrastructure の健全性をアプリケーション、Browser、Synthetics のメトリックを一括して確認できるダッシュボードを作成すると便利です。そこで、New Relic Insights の登場です。Infrastructure が収集した指標とイベントは、New Relic Insights に保存され、Insights からアクセスできます。このデータは、Essential サブスクリプションでは3ヶ月、Pro サブスクリプションでは 13ヶ月間保持されます。生のメトリクスにアクセスできるということは、NRQL を使うことで、多彩なカスタムクエリを実行できることです。そして、Infrastructure のメトリクスをチーム内で共有するダッシュボードを作成できることを意味します。Infrastructure チャートの上にある “View in Insights” アイコンをクリックするだけで、データ駆動のクエリを表示できます。

そうするための手順

  1. New Relic Infrastructure メニューバーで、気になるチャートが表示されている画面を選択します。
  2. Infrastructure チャートの右上にある View in Insight アイコンをクリックします。
  3. 見たいデータとなるように Insights のクエリを編集します。
  4. 後でクエリを再利用するためにクエリを保存できます。Add to Dashboard ボタンを使用します。

infra-insights.png

insights.newrelic.com > Query.

8. 定期的にエージェントをアップグレードする

New Relic のソフトウェアエンジニアリングチームは、顧客の監視体験向上のため、絶えず、改良や新機能の追加を行っています。Infrastructure エージェントの最新バージョンへ定期的にアップデートすることをお勧めします。

そうするための手順

  1. New Relic Infrastructure のメニューバーから、Settings を選択します。
  2. 左のサイドバーから、Agents をクリックし、使っているエージェントのバージョンをチェックします。
  3. 必要に応じて、OS ごとの指示に従い、エージェントを更新します。

もっと活用するには