Infrastructure アラートの例

New Relic Infrastructure の Alerts > Settings UI にある Alert type [アラート種別]フィールドは、作成できる Infrastructure のアラート条件の種類を示しています。また、New Relic Infrastructure UI のチャート近くに表示されている [bell icon] ベルアイコンを押して、アラート条件を作成することもできます。

ここでは、ビジネス要件ごとに、アラート条件を調整するいくつかの例を紹介します。

CPU 使用量が高い
課題: 運用チームは、イースタンリージョンでフィルタリングしたホスト群を監視しており、CPU 使用率が常に高いことに気づいたとします。

対策: New Relic Infrastructure の Compute ページCPU チャートから、アラート条件を作成します。

仮想メモリの容量
課題: 2分間あたりバックグラウンドワーカーの仮想メモリが、平均10Gに達した場合、夜間シフトの担当者にアラートを通知したい。

対策: New Relic Infrastructure の Processes ページTop memory consumers (メモリ消費順)チャートを使います。

限られた帯域幅
課題: 平均の受信/送信したエラー数に基づき、パフォーマンスを監視したい。

対策: New Relic Infrastructure の Network ページTop bandwidth (帯域幅順)チャートを使います。

I/O 読み込み/書き込み操作
課題:
ステージング環境で新しいホスト群をテストしていて、読み取り/書き込みの容量がテスト用の閾値を上回ったら通知を受けたい。

対策: Storage ページTop I/O operations チャートを使います。

ホストがレポートしない(データから送られない)
問題: Infrastructure のエージェントからのデータ受信が停止したときに通知を受けたい。

対策: ComputeProcessesNetworkStorage の各ページで、host not reporting (レポートしないホスト用の) アラート条件を作成します。