Infrastructure Events ページ: 設定変更毎のライブフィード

Infrastructure Events ページは、すべてのホストのメトリクスとログ分析イベントのライブフィードです。そレを使って、それらのイベントとお使いの環境との相関関係を知ることができます。イベントを検索し、フィルタリングすることで、平均修復時間とインフラ内の問題を検知するまでの平均時間を短縮できます。

イベントタイプ

New Relic は様々な変更イベントを収集しているため、お使いの環境における変化を認識することができます。

  • Alerts(アラート):violation(違反)がオープン、クローズするタイミングで、New Relic はホストとアラートに関連付けられているアラート条件を示すイベントを生成します。
  • Agent connection (エージェント接続): Infrastructure エージェントが、New Relic と接続すると、Infrastructure は、Agent connected イベントを生成します。Infrastructure が3分の間エージェントからデータを受信しない場合は、Infrastructure Agent disconnected イベントを生成します。
  • Inventory changes(インベントリの変更):

    これらのイベントは、Inventory データの追加、削除、変更時に生成されます。ソース fa-filter アイコンを選択すると、どのカテゴリが、変更されたインベントリパスに対応しているのか知ることができます。さらに詳細を知りたい場合は、インベントリイベントを選択すると、以前の状態と最新の状態を並べて比較できます。

    Inventory イベントには以下の情報が含まれることがあります。

    • Kernel: モジュールと構成を含みます。カーネルについてのデータの操作を追加、変更、削除時。
    • Metadata: ホストについての様々な補足的情報を含み、これは追加、変更、削除ができます。
    • Packages: パッケージのインストール、削除、変更時
    • Services: サービスの起動、停止、再起動時
    • Sessions: ユーザーも含む。接続、接続破棄時

ライブのイベントフィードを見るには、infrastructure.newrelic.com から、Events を選択します。

The events page provides a live feed for everything occurring in your infrastructure

infrastructure.newrelic.com > Events: Events を使うと、リアルタイムに、インフラ内で起きているすべてのことを表示できます。

New Relic Infrastructure Events を使うと、簡単にイベントログを検索できるため、脆弱性のあるパッケージをすぐに見つけ出すことができます。

したいこと すること
特定のイベントや一連のイベントに焦点を当てたい Use the search Search events フィールドを使うと、特定のイベント、設定変更、エージェントのインストールを探すことができます。ある一連のイベントに絞り込むには、フィルタセットを選択したり変更したりして、絞り込みます。
時間範囲内で検索する ある時間範囲内におけるイベントを探すには、検索バーの右側に時間範囲を入力します。例えば、前日の午前11時ごろに CPU スパイクが発生していた場合は、Yesterday at 11 am(昨日午前11時)で検索し、原因を調査します。
Load、ディスクI/O、メモリ、CPU スパイクでイベントを比較したい Compute ページで Events チャートを表示します。特定の時間帯のイベントとメトリクスを比較するには、Compute ページで時間帯を指定します。
エージェント、設定、メタデータ、サービス、セッションに関連するイベントを表示したい 検索バーにあるフィルター filter アイコンを選択して、グループ化、並び換えをします。
もっと詳細な情報を見たい イベントを選択すると、属性や値など詳細情報を表示します。さらにドリルダウンするには、View in Inventory (Inventory で表示)を選択すると Inventory ページで詳細情報を表示します。

ライブフィードの停止

Events ページは、インフラ内で発生しているすべての事象についてのライブフィードであり、継続的に更新されます。お使いのインフラが大規模な場合は、リアルタイムにイベントを分析するのが難しい場合があります。その場合は、一時停止アイコン pause-circle を押して、ライブフィードをフリーズしてください。ライブフィードを再開するには、再生アイコン play-circle を押します。フィードが一時停止されている間に見逃した可能性のあるイベントについても自動的に画面に読み込まれます。