Infrastructure エージェントの更新

ここでは、New Relic Infrastructure エージェントの Linux 版と Windows Server 版を最新バージョンに上げる方法について説明します。インストール手順については、Linux 版のインストールWindows 版のインストールをご覧ください。

Infrastructure エージェントの更新

Infrastructure エージェントは、自動更新しません。エージェントを更新するには、お使いのパッケージマネージャーを使って、プログラムと関連するファイルを最新バージョンに更新します。一般的なシステム用の例を以下に示します。

apt を使って更新 (Debian、Ubuntu)
apt-get を使って、Infrastructure エージェンを更新するには以下を実行します。

apt-get install --only-upgrade newrelic-infra -y
yum を使って更新 (Amazon Linux、CentOS、RHEL)
yum を使って、Infrastructure エージェンを更新するには以下を実行します。

sudo yum update newrelic-infra -y
Windows Server 上での更新

Windows Server 上で Infrastructure エージェンを更新するには以下の手順に従ってください。

  1. 最新の .MSI インストーラーのイメージを https://s3.amazonaws.com/infra-agent-public-releases/windows/newrelic-infra.msi からダウンロードします。
  2. インストールスクリプトを実行します。Windows のコマンドプロンプトからインストールするには以下を実行します。

    msiexec.exe /qn /i PATH\TO\newrelic-infra.msi

古くなったエージェントのバージョンを見つける

Infrastructure エージェンのバージョンを確認するには、サーバーにログインし、newrelic-infra --version を実行します。または、パッケージのバージョンチェックのコマンドを実行します。

また、以下のようにして、Infrastructure からバージョンの古いエージェントを検索できます。

  1. infrastructure.newrelic.com から、Inventory へアクセスします。
  2. 検索バーで、newrelic-infra と入力します。
  3. グループのドロップダウンを選択すると、そのグループのエージェントバージョンが表示されます。