Insights で SPA データの問い合わせ

New Relic Browser でシングルページアプリ (SPA) を監視している場合は、New Relic Insights を使って、収集した SPA データに対して、問い合わせが行えます。ここでは、SPA 関連のデータを使ったクエリの例を含めて紹介します。

SPA データの表示

Insights で SPA データを表示する手順は以下の通りです。

  1. insights.newrelic.com > Data Explorer にアクセスします。
  2. BrowserInteraction または AjaxRequest を選択します。

データエクスプローラーは、選択したイベントタイプに関する情報を表示するように切り替わります。チャートが更新され、直近のイベントが下に表示されます。

あるイベントの詳細について詳しく見たい場合は、チャートの下にある See all samples [全サンプルデータのの表示]を押します。最大直近の 50 イベントを確認できます。

SPA データの問い合せ

Insights では、 New Relic Query Language (NRQL) と呼ばれる SQL ライクな言語を使ってデータに対して問い合わせを行います。

シングルページアプリのデータに対しての問い合わせは以下のように行います。

  1. insights.newrelic.com > Query にアクセスします。
  2. 黒背景のコマンドラインにクエリを入力します。

クエリのコマンドラインは、入力した内容に応じて、補完の候補を自動表示します。

SPA クエリの例

以下は、SPA データへのクエリの例です。BrowserInteraction 属性と AjaxRequest 属性の全項目を確認するには、Insights 用の Browser のデフォルト属性をご覧ください。

SAP データへの問い合わせには、基本的な数学関数も使えます。

ルート変更とページ読み込み数
過去一日のルート変更とページ読み込み数を取得するクエリ:

SELECT count(*) FROM BrowserInteraction since 1 day ago
ルート変更とページ読み込みの平均処理時間
過去一日のルート変更とページ読み込みの平均処理時間を取得するクエリ

SELECT average(duration) FROM BrowserInteraction since 1 day ago    
最も遅いルート変更
過去一日におけるルート変更の遅い順トップ10を取得するクエリ:

SELECT average(duration) FROM BrowserInteraction WHERE category = 'Route change' since 1 day ago FACET browserInteractionName   
過去一日でもっとも利用されたルート変更トップ10を取得するクエリ:

SELECT count(*) FROM BrowserInteraction WHERE category = 'Route change' since 1 day ago FACET browserInteractionName
ページ読み込みとルート変更のスループットの比較
過去一日における1時間ごとのページ読み込みとルート変更のスループットの比較のクエリ

SELECT count(*) FROM BrowserInteraction since 1 day ago FACET category TIMESERIES 1 hour
ページ読み込みとルート変更のパフォーマンスの比較
過去一日における1時間ごとのページ読み込みとルート変更のパフォーマンスの比較のクエリ

SELECT average(duration) FROM BrowserInteraction 1 day ago FACET category TIMESERIES 1 hour
ある基準を使ったテーブルの作成
ルート変更が最も遅いトップ20の Ajax 数の平均、最小値、最大値のデータテーブルを作成するクエリ

SELECT average(duration), average(ajaxCount), min(ajaxCount), max(ajaxCount) FROM BrowserInteraction WHERE category = 'Route change' since 1 day ago FACET browserInteractionName LIMIT 20