イベントエクスプローラー: イベントデータの探索とグラフ化

データの要約とイベントデータエクスプローラーページを使うと、New Relic Insights でどのようなイベントデータが利用可能かを確認できます。属性が適切に格納されていない? イベントデータエクスプローラーを使って、New Relic Insights が保存しているデータのサンプルを確認してください。

ここでは、Data Explorer > Events ページについて説明します。Data Explorer > Metrics ページについては、メトリックエクスプローラーをご覧ください。

Insights で利用可能なデータ(メトリックの時系列データや、イベントデータ)についての詳しい情報は、メトリックの時系列データとイベントデータ をご覧ください。

イベントデータエクスプローラー

screen-insights-data-explorer.png
Insight のイベントデータエクスプローラーを使って、イベントデータを探します。

イベントデータエクスプローラーを使うと、New Relic Insights が保存しているデータを確認できます。イベントデータエクスプローラーには以下が含まれます。

  • ある期間、一つのイベントタイプの情報を表示するウィジェット。デフォルトでは、直近1日とその1週間前にデータを比較しています。
  • 現在表示しているイベントタイプの最新のイベントの一覧。

詳しくは Insights データを絞り込みをご覧ください。

直近のイベント

現在表示しているイベントタイプの直近のイベントは、ページ下部に表示されます。アンダーラインが引かれているのは、デフォルト属性です。

現在表示しているイベントタイプの最近のイベントのリストを確認するには、See more samples [サンプルをもっと見る]を押してください. リストは、ポップアップウィンドウに表示されます。閉じるには、X を選択するか、ウィンドウ外の場所でクリックします。すべてのデータを見るには、左右にスクロールする必要があるかもしれません。

The Insights Data Explorer recent events pane.
See more samples [サンプルをもっと見る]を押すと、最近のイベントのリストを確認できます。
イベントタイプとして保存できるデータの合計は、数十万、数百万レコードでさえ可能です。このレポートでは、そのうちの少数のサンプルのみ表示します。よって、このビューは、データの構造を確認するのに使ってください。特定のレコードを確認するのにはあまり役に立ちません。このレポートは、想定した属性が収集されているかを確認するのに便利です。

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。