New Relic Insights の紹介

New Relic Insights はソフトウェアやビジネスに関するデータの収集及び視覚化するソフトウェア分析リソースです。以下のことが行えます。

機能

New Relic Insights は、New Relic APM (アプリケーションのパフォーマンス監視)の上に構築されています。ユーザーの行動、ビジネストランザクション、顧客のインサイトなどを含むように拡張しています。New Relic APMは、アプリの最適化に役立ちます。一方、Insights は、ユーザー自身の収益の最適化に役立ちます。そして、最高経営幹部からフロントエンドの開発者に至るまで、全員がより良い意思決定を行い、優れた製品を生み出すためのソフトウェア分析リソースです。

Insights UI を通して、ダッシュボードを素早く、簡単に作成できます。そのダッシュボードから、サーバーやアプリで起きている問題をリアルタイムに特定し、継続的にデータの傾向を分析ができるようになります。

New Relic Insights は主に4つの要素から構成されています。

New Relic Insights は、Android や iOS モバイルアプリApple TV からも利用できます。

New Relic Insights の基本的な概念を知りたい方や使いこなしたい方は、learn.newrelic.com をご覧ください。

イベントタイプと属性

Insights は、New Relic 製品から以下のイベントデータを収集します。

<

ul>

  • APM: TransactionTransactionError イベント
  • Browser: <a href=/docs/insights/insights-data-sources/default-events-attributes/browser-default-events-attributes-insights”>PageView、PageAction イベント
  • Infrastructure: システム、プロセス、イベント、ストレージ、ネットワーク、Amazon EC2(Elastic Compute Cloud) インテグレーション用の Infrastructure イベントと属性に関するデータの収集と表示を行います。また、独自のカスタム属性を追加することもできます。
  • Mobile: 複数の Mobile イベント種別
  • Synthetics: SyntheticCheck、SyntheticRequest、SyntheticPrivateMinion イベント
  • イベントは type(種類)、timestamp(タイムスタンプ)、任意の数のキー/バリュー属性を持っています。サーバートランザクションやページビューイベントにカスタム属性を追加できます。カスタム属性により、顧客、アプリ、ビジネスをより深く理解することが可能になります。また、ページビュー、サーバートランザクション、オンラインでレポート可能なものは何でも任意のカスタムイベントのタイプとして New Relic Insights にタイムスタンプ付きのキー/バリューデータを追加できます。イベントデータエクスプローラーを使うと、イベントデータを検索できますので、どんなイベントがあるのか理解の助けになります。

    メトリックデータ

    メトリックデータエクスプローラーを使うと、カスタムメトリクスを含む New Relic エージェント経由で送信された時系列のメトリクスデータを検索したり、チャート化できます。Insights ダッシュボードにメトリックウィジェットを追加できるため、イベント/NRQL ベースのウィジェットと同じ、自分達にとって最も興味のあるデータを集中的に配置したダッシュボードで、メトリックデータも監視できます。

    Insights にカスタムデータを送る

    カスタム属性やイベントを大量に追加すると、クエリのパフォーマンスが低下し、イベントの追加の制限にぶつかることがあります。最適なパフォーマンスを得るには、まずはじめに、分析に必要なデータを考えてから、イベントに必要なカスタム属性のみを作成するようにしてください。

    New Relic 製品は、Insights アカウントに各製品のイベントに含まれるデータを自動的に追加します。また、カスタム属性と呼ばれる、独自のデータをイベントに追加したり、カスタム属性を含む独自のイベント(カスタムイベント)を送信することもできます。

    ソース カスタムデータの送信方法
    APM エージェント カスタムイベントカスタム属性を送信するには、エージェント API を呼び出します。
    Browser エージェント PageView イベントにカスタム属性を追加するには、Browser API コールの addCustomAttribute を使います。Send Browser API を使って、PageAction イベントや属性を送信します。

    APM エージェントのカスタム属性を
    PageView イベントに転送できます

    Insights REST API Insights REST API を使って、カスタムイベントとカスタム属性を挿入します。
    Infrastructure デフォルトの Infrastructure イベントにカスタム属性を追加します。
    Mobile エージェント モバイルエージェント API を使って、カスタムイベントとカスタム属性を送信します。

    互換性と要件

    Insights を利用するには、使用している New Relic APM のバージョンが以下の最低限の互換性のあるバージョンであることを確認してください。

    New Relic では常に最新バージョンのエージェントを利用することを推奨しています。古いバージョンでは、最新バージョンで利用可能な機能を利用できないことがあります。エージェントの更新が必要な場合は、New Relic エージェントの更新をご覧ください。