Insights のデータ保持期間

New Relic Insights が収集する様々なイベントを通じて、ビジネスや顧客、アプリケーションに対してより深い分析、理解を得ることができます。New Relic Insight が保持するデータは、契約している製品のサブスクリプションによって異なります。

現在のサブスクリプションレベルは、Account summary ページの右の列に表示されています。New Relic UI から、(アカウントのドロップダウン) > Account settings > Account > Summary の順に選択します。

契約しているサブスクリプション(プラン)に基づき、お使いの New Relic 製品は、その製品のプランの一部として Insights にデータを報告することがあります。これは Insights の有料プランで追加されたものです。

Insights へのアクセス

New Relic 製品で、Essentials、Pro、Enterprise のいづれかをお使いであれば、そのサブスクリプションの一部として Insights にアクセスできます。製品ごとのデータ保持期間は、サブスクリプションレベルによって決まります。さらに、すべての Insights Free
アカウントは、カスタムイベントを1日間保持します。

Insights Pro のメリット

Insights Pro を購入することで、Insights における APM、Mobile、Browser、カスタムイベントデータの保持期間を延ばすことができます。Insights Pro では、データの保持期間は、週ごとに生成されたイベントを使って計算する格納されているイベントの合計数と、利用可能なデータ保持期間(単位:週)によって決まります。

格納可能なイベント数 = 週単位で生成されたイベント数 * 保持期間(単位:週)

Insights Pro のライセンスでは、指定された週数のデータ保持期間と、その期間に渡って、指定された数のイベントを利用できます。

例:

  • 週あたり 2億トランザクション * 4 週間の保持期間 = Insights で 8 億イベント格納可能
  • 週あたり 1600万トランザクション * 50 週間の保持期間 = Insights で 8 億イベント格納可能

Insights Pro アカウントの場合、データは量ではなく、保存期間に基づいて削除されます。保持期間を過ぎると、システムから削除されます。

たとえば、4週間にわたって8億件のイベントを利用可能な場合、その期間の量が8億件を超えていても、データが削除は、4週間以上経ってから開始されます。