Insights ダッシュボードの絞り込み

New Relic Insights を使用すると、1つ以上の属性にダッシュボードのデータを絞り込めます。絞り込むことで、ドリルダウンしたり、様々な視点のデータを取得できます。

フィルターの追加

ダッシュボードにフィルターをかける方法は、以下のとおりです。

  1. ダッシュボード上で、Edit [編集]を押す。
  2. Filter disabled [無効のフィルター]か、青色のギアアイコンを押す。
  3. Enable filter [フィルターを有効にする]を押す。
  4. Event typeドロップダウンから、1つ以上のイベントタイプを選択する。
  5. 特定の属性のフィルタリングを制限するには、属性の選択ドロップダウンから1つ以上の属性を選択します。
  6. フィルターメニューを閉じるには、Filter enabled を押すか、青色のギアアイコンを選択します。
  7. Done editing [編集終了]を押して、ダッシュボードの変更を保存します。
screen-insights-add-filter
データの重要な部分に素早くドリルダウンするには、ダッシュボードのフィルタリングを有効にします。
新規にダッシュボードを作成する際に、フィルターを追加できます。

フィルターの適用

フィルターを適用する方法は、以下のとおりです。

  1. Search or Filter テキストボックスに値を入力するか、ドロップダウンから値を選択します。ドロップダウンリストには、属性ごとにグループ分けされています。
    contains をオプションを選択すると、LIKE クエリを使えます。このオプションは、リスト内の各属性の最初の選択可能なオプションです
  2. フィルタの追加を繰り返します。フィルターのテキストボックスの横にアクティブフィルターとして各フィルタが表示されます。
  3. フィルターの追加しても、ダッシュボードが、オートリフレッシュしない場合は、Enter キーを押します。

フィルタの設定を削除するには、アクティブフィルターにある Xを押します。

複数のイベントタイプを扱うダッシュボードでは、他のウィジェットには含まれるが、あるウィジェットのイベントタイプに含まれない属性でフィルタリングした場合、そのウィジェットの結果に何も表示されないことがあります。例として以下の画像を見てください。以下では、両方ともPageViewの属性でフィルタリングしています。よって、Transactions のレポート内容を表示する Busiest Days ウィジェットには何も表示されていません。
screen-insights-dashboard-smartfilter
フィルター可能な属性が1つ以上ある場合は、検索結果をさらに絞り込むために、複数のフィルタを適用できます。

フィルターの無効化

Filter disabled [無効なフィルター]をセットして、フィルターを無効にします。

  1. 削除対象のフィルターを含むダッシュボードの Edit [編集]を押します。
  2. Filter enabled [有効なフィルター]を押すか、青いギアアイコンを選択します。
  3. No filter [フィルターなし]を押します。
  4. Filter disabled [無効なフィルター]か青いギアアイコンを再度押して、フィルターメニューを閉じます。
  5. Done editing [編集終了]を押して、ダッシュボードの変更を保存します。

フィルターに未対応のチャート

以下のチャートにはダッシュボードのフィルターは適用されません。