モバイルアプリ用のアラートページ

モバイルアプリのエラー率とレスポンスタイムに対して設定したアラート条件が、一定時間、閾値を超えていた場合、New Relic Mobile はWarning(黄色)または Critical (赤色)の問題イベントを作成します。Critical(赤)イベントが数分間開いている場合、New Relic Mobile はアラートの通知先に設定されているユーザーにアラート通知を送信します。Critical イベントがすべて閉じたときにも通知を送信します。

Alerts ページを表示するには、New Relic のメニューバーから、Mobile > (選択したアプリ) > App > Alerts を選択します。

Alerts ページの詳細

screen-mobile-alerts.png
Mobile > (選択したアプリ) > App > Alerts > (選択したアラート): 上記は、モバイルアプリの Alerts

各アラート通知には、警告アイコンと要約情報が含まれています。 New Relic の標準的な UI 機能ページ機能を使って、詳細情報にアクセスします。それ以外にも以下のことが行えます。

したいこと すること
特定のアラートの詳細を表示したい Alerts ページで、アラートのリンクを選択します。
エラーの詳細を確認したい アラートの Event リンクを選択します。
HTTP リクエストの詳細を確認したい HTTP response time チャートでマウスオーバーします。
ネットワークエラーの詳細を確認したい HTTP/network errors チャートでマウスオーバーします。
アラートの設定を変更したい Alerts ページで、Change alert thresholds [アラートの閾値の変更]リンクを選択します。
もしくは
選択したアラートで、Configure リンクを選択します。
アラートを検索したい Alerts ページで、Filter のテキストフィールドを使います。
モバイルアプリだけでなく、他のアプリケーションのアラートページを表示したい Alerts ページから、All alerts リンクを選択します。

このページに直接遷移するには、New Relic のメニューバーから、Mobile > Alerts > Alert history を選択します。

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。