Android アプリ用の ProGuard や DexGuard の設定

管理者 もしくは オーナー

Android 用の New Relic Mobile で ProGuard や DexGuard を利用するには、このページの手順に従ってください。New Relic Mobile 用の Android SDK を既にインストール済みの場合は、ProGuard や DexGuard を使って最新バージョンにアップグレードする前にこの手順を実行してください。

ProGuard の設定

ProGuard のサポートを追加する手順は以下の通りです。

  1. New Relic Mobile 除外をアプリに追加します。これらの除外項目には、以下があります。

    • keep class: support New Relic 計測をサポートするため
    • dont warn: 未解決の問題に関連した警告を無効にするため
    • LineNumberTable: クラッシュレポートの行番号を保持するため
  2. Proguard の設定 (proguard.cfg、proguard-android.txt、proguard-rules.pro 等の) ファイルに以下を追加してください。

    -keep class com.newrelic.** { *; }
    -dontwarn com.newrelic.**
    -keepattributes Exceptions, Signature, InnerClasses, LineNumberTable
  3. プロジェクトをクリーンアップしてから、エミュレータやデバイスでアプリを実行すると、New Relic Mobile の UI 上でデータを見ることができます。

DexGuard の設定

DexGuard のサポートを追加する手順は以下の通りです。

  1. アプリに Dexguard を追加手順を示した Dexguard クイックスタートガイドに従ってください。具体的には、Setting Up the Gradle Plugin [Gradle Pluginの設定]の指示に従ってください。
  2. Dexguard は Proguard と同じ設定オプションを使っており、既存の Proguard 設定ファイルを読み込むことができます。一方で独自の設定もあります。特定の Dexguard 設定(dexguard-project.txt) を保持するファイルを作成し、以下を追加します。

    -dontnote com.newrelic.agent.android.NewRelic
    -dontnote com.newrelic.agent.android.harvest.crash.Crash
    
    Dexguard には、一般的なアプリケーションフレームワーク用の設定のサンプルがあります。
  3. Dexguard プラグインが設定されると、アプリの buildTypes 設定は次のようになります。

    buildTypes {
       release {
          minifyEnabled true
          proguardFile getDefaultDexGuardFile('dexguard-release.pro')
          proguardFile 'proguard-rules.pro'
          proguardFile 'dexguard-project.txt'
       } ...
    
  4. プロジェクトをクリーンアップし、再ビルドしてから、エミュレータやデバイスでアプリを実行すると、New Relic Mobile 上でデータを見ることができます。データが表示されない場合は、logcat 出力でエラーを確認してください。

関連情報

関連情報は以下のとおりです。

  • Mobile Apps のインデックスページ (New Relic Mobile のモバイルアプリケーション一覧で利用できる機能について)
  • Mobile Apps Overview ページ (モバイルアプリの Overview ページで利用できる機能。収集したデータを様々なチャートで表示します)
  • モバイルアプリの設定の変更 (Settings タブで、モバイルアプリのアプリケーショントークンを表示したり、名前を変更したり、アラートの閾値を変更したり、New Relic Mobile の最新版をインストールできます)