Ant を使った Android アプリへのインストール

管理者 もしくは オーナー

New Relic Mobile 用の Android SDK を既にインストール済みの場合は、Ant を使用して最新バージョンにアップグレードする前にこの手順を実行してください。

Android アプリへのインストール

インストール手順の一環として、New Relic Mobile は自動的に アプリケーショントークンを生成します。これは New Relic Mobile が監視する各モバイルアプリの認証に利用します。16進数の40文字の文字列です。

New Relic アカウントの管理者権限を持っているユーザーは、以下の手順に従って Android アプリにインストールし、設定を行ってください。 (New Relic アカウントをお持ちでない場合は、New Relic Mobile をご覧ください)

  1. New Relic メニューバーから、Mobile を選択します。
  2. 該当する場合は、Mobile Apps リストから、Add a new app [新規アプリの追加]を選択します。 screen mobile app add.png
  3. Get Started ページで、モバイル監視対象のプラットフォームとして、Android を選びます。
  4. モバイルアプリ名を入力し、Continue を押します。

続いて、Android アプリの設定を行います。

もしくは:

  • 新規モバイルアプリの設定を後で完了するには、New Relic メニューバーから Mobile を選択し、モバイルアプリ名の横にある See Instructions [手順を参照]を選択します。
  • 既にインストール済みの Android をアップグレードするには、New Relicメニューバーから、Mobile > (選択したアプリ) > Settings > Upgrade にアクセスします。

設定

以下の Android アプリに対しての設定手順は、New Relic Mobile の Getting Started ページにも表示されます。

Ant を使っての設定
  1. Mobile の Get Started ページもしくは、https://download.newrelic.com/android_agent/ant/ から Ant 用の New Relic SDK の最新バージョンをダウンロードし、解凍します。
  2. lib/newrelic.agent.jar ファイルをアプリの libs ディレクトリにコピーし、New Relic をアプリケーションに追加します。
  3. Ant のビルドオプションに New Relic を追加されるよう、ANT_OPTS 環境変数を設定します。

    Mac OS または Linux:

    export ANT_OPTS="-javaagent:/path/to/newrelic/lib/class.rewriter.jar"

    Windows:

    set ANT_OPTS="-javaagent:C:\path\to\newrelic\class.rewriter.jar"
  4. Proguard のみ: プロジェクトのルートディレクトリ (projectname/app) にある newrelic.properties ファイルに、以下の行を追加します。

    com.newrelic.application_token=<generated token>
  5. アプリが INTERNET と ACCESS_NETWORK_STATE 権限を要求するように、アプリの権限を設定します。そうするために、AndroidManifest.xml ファイルに次の行を追加します。

    
    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
    <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
  6. New Relic Mobile エージェントを起動するには、(マニフェストで定義されている) Main Activity で、NewRelic クラスをインポートします。

    別のクラスでエージェントを起動することはサポートされていないため、予期しない動作や不安定な動作が発生する可能性があります。
    import com.newrelic.agent.android.NewRelic;
  7. onCreate() メソッドに以下のコードを追加します。

    NewRelic.withApplicationToken("<generated token>").start(this.getApplication());
  8. プロジェクトをクリーンアップしてから、エミュレータやデバイスでアプリを実行すると、New Relic Mobile の UI 上でデータを見ることができます。

数分で Android アプリのデータが表示されます。確認するには、New Relic メニューバーから、Mobile > (選択したアプリ)にアクセスします。

Jenkins/Hudson を使っての設定
  1. Mobile の Get Started ページもしくは、https://download.newrelic.com/android_agent/ant/ から Ant 用の New Relic SDK の最新バージョンをダウンロードし、解凍します。
  2. lib/newrelic.agent.jar ファイルをアプリの libs ディレクトリにコピーし、New Relic をアプリケーションに追加します。
  3. Jenkins/Hudson のビルドオプションに New Relic を追加されるよう、Invoke Ant ビルドセクションの Java Options フィールドに以下を設定します。

    -javaagent:/path/to/newrelic/lib/class.rewriter.jar
  4. Proguard のみ: プロジェクトのルートディレクトリ (projectname/app) にある newrelic.properties ファイルに、以下の行を追加します。

    com.newrelic.application_token=<generated token>
  5. アプリが INTERNET と ACCESS_NETWORK_STATE 権限を要求するように、アプリの権限を設定します。そうするために、AndroidManifest.xml ファイルに次の行を追加します。

    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
    <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
  6. プロジェクトをクリーンアップしてから、エミュレータやデバイスでアプリを実行すると、New Relic Mobile の UI 上でデータを見ることができます。

数分で Android アプリのデータが表示されます。確認するには、New Relic メニューバーから、Mobile > (選択したアプリ)にアクセスします。

ProGuard の設定

ProGuard をサポートするには、アプリに New Relic Mobile の除外を追加します。除外項目に以下を追加します。

  • keep class: support New Relic 計測をサポートするため
  • dont warn: 未解決の問題に関連した警告を無効にするため
  • LineNumberTable: クラッシュレポートの行番号を保持するため

Proguard の設定 (proguard.cfg、proguard-android.txt、proguard-rules.pro 等の) ファイルに以下を追加してください。

-keep class com.newrelic.** { *; }
-dontwarn com.newrelic.**
-keepattributes Exceptions, Signature, InnerClasses, LineNumberTable
  • プロジェクトをクリーンアップしてから、エミュレータやデバイスでアプリを実行すると、New Relic Mobile の UI 上でデータを見ることができます。
  • Android 2.2 のサポート

    Android 2.2 をサポートする Android SDK の設定に Ant を使いたい場合は、Android SDK 4.244.0 以下のバージョンを使用する必要があります。これはレガシーバージョンと呼んでいます。Ant 用 New Relic SDK のレガシーバージョンをインストールするには、以下の点を除き、標準インストール手順と同じです。

    • 以下から、Ant 用の New Relic SDK の旧バージョンをダウンロードし、解凍します。

      https://download.newrelic.com/android_agent/ant/NewRelic_Android_Agent_4.244.0.zip

    • New Relic を libs ディレクトリに追加するときは、クラスパスに Android 4.244.0 のバージョン番号を保存し、オプションが正しいバージョンで設定されていることを確認します。

      export ANT_OPTS="-javaagent:/path/to/newrelic-android-4.244.0/lib/class.rewriter.jar"

    Android アプリのアップグレード

    管理者: 既に New Relic Mobile 用の Android エージェント SDK をインストール済みの場合、最新バージョンにアップグレードする前にこの手順を実行してください。その後、モバイルアプリの最新の Android バージョンをインストールするには、New Relicメニューバーから、Mobile > (選択したアプリ) > Settings > Installation にアクセスします。

    ログレベルの変更 (オプション)

    モバイルアプリの監視で利用できるログレベルは以下の5種類あります。

    • ERROR – (least verbose)
    • WARNING
    • INFO – default
    • VERBOSE
    • DEBUG – (most verbose)

    アプリのログレベルを上げるには、NewRelic.withApplicationToken() メソッドコールに、以下の .withLogLevel を追加してください。

    NewRelic.withApplicationToken("<apptoken>")
                        .withLogLevel(AgentLog.DEBUG)
                        .start(this.getApplication());
    

    関連情報

    関連情報は以下のとおりです。

    • Mobile Apps のインデックスページ (New Relic Mobile のモバイルアプリケーション一覧で利用できる機能について)
    • Mobile Apps Overview ページ (モバイルアプリの Overview ページで利用できる機能。収集したデータを様々なチャートで表示します)
    • モバイルアプリの設定の変更 (Settings タブで、モバイルアプリのアプリケーショントークンを表示したり、名前を変更したり、アラートの閾値を変更したり、New Relic Mobile の最新版をインストールできます)