iOS のインストールと設定

iOS アプリに New Relic Mobile をインストールし、設定を行うには、管理者アカウントが必要です。

注: Cocoapods を利用している iOS アプリの場合は、専用のインストール手順があります。

iOS アプリのインストール

インストール手順の一環として、New Relic Mobile は アプリケーショントークンを生成します。New Relic Mobile が監視対象のモバイルアプリの認証に利用する 40文字の16進数の文字列です。

管理者は、以下の手順の従い iOS アプリをインストールし、設定を行います。 (New Relic アカウントをまだお持ちでない場合は、New Relic Mobile をご覧ください。)

  1. New Relic のメニューバーから、Mobile へアクセスする。
  2. Mobile Apps 一覧から、“fa fa-plus-circle” Add a new app を押す。
  3. Get Started ページから、モバイル監視のプラットフォームとして、iOS を選ぶ。
  4. モバイルアプリ名を入力し、Continue を押す。

設定は以下の手順です。

  • 後から、新しいモバイルアプリの設定を完了する場合は、New Relicメニューバーから Mobile を選択し、モバイルアプリ名の横にある See Instructions を選択します。
  • iOS のインストールをアップグレードするには、New Relicメ ニューバーから、Mobile > (選択したアプリ) > Settings > Installation にアクセスします。

iOS アプリの設定

以下の iOS アプリの設定手順は、New Relic の Get Started ページにも表示されます。

  1. New Relic Mobile 用の iOS SDK をダウンロードし、解凍します。
  2. Finder を使用して NewRelicAgent.framework フォルダを Xcode プロジェクトにドラッグし、Project Navigator ウィンドウの Project にドロップして、New Relic Mobile Framework を Xcode プロジェクトに追加します。
  3. プロンプトに従って、アイテムを宛先にコピーし、フォルダ参照を作成します。
  4. CoreTelephony.frameworkSystemConfiguration.frameworklibc++.tbdlibz.tbd ライブラリを Linker 設定に追加します。
  5. prefix.pch の上部に New Relic Mobile Agentヘッダーをインポートし、エージェントを開始します。
  6. 自動的に生成された一意の アプリケーショントークンを使って、r AppDelegate.m 内の -application:didFinishLaunchingWithOptions: の先頭に +[NewRelic startWithApplicationToken:<appToken>] を追加します。
  7. ビルドスクリプトをターゲットのビルドフェーズに追加します。新しいビルドスクリプトが最後のビルドフェーズであることを確認し、以下を貼り付けます。PUT_NEW_RELIC_APP_TOKEN_HERE をアプリケーショントークンに置き換えてください。

    SCRIPT=`/usr/bin/find "${SRCROOT}" -name newrelic_postbuild.sh | head -n 1`
    /bin/sh "${SCRIPT}" "PUT_NEW_RELIC_APP_TOKEN_HERE"
  8. アプリをクリーンし、ビルドし、シミュレータまたはその他のデバイスで実行します。

数分以内に iOS アプリのデータが表示されます。New Relic メニューバーで、Mobile > (選択したアプリ)を選択します。表示されない場合は、データが表示されないを参照してください。

デモをクラッシュさせる (オプション)

アプリをクラッシュに問題がある場合、New Relic エージェントはデモをクラッシュさせる API を提供しています。

推奨: 該当するボタンクリックイベントハンドラに以下のコード行のどちらかを追加します。

[NewRelic crashNow];

もしくは

[NewRelic crashNow:@"<reason>"];

ログレベルの変更 (オプション)

モバイルアプリの監視で利用できるログレベルは6つあります。

  • none
  • error
  • warning
  • info
  • verbose
  • ALL

アプリのログレベルを上げたい場合は、startWithApplicationToken を呼び出す前に以下のメソッド呼び出しを追加します。

[NRLogger setLogLevels:NRLogLevelALL];

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。