New Relic Synthetics

New Relic Synthetics は、ウェブサイト、ビジネスに重要なトランザクション、API エンドポイントの定期監視ツールです。スクリプトも利用できます。Synthetics は、New Relic アカウントをお持ちであれば、無料で 50 個の Ping モニター を作成できます。これにより、ウェブサイトがアクセス可能であることを保証できます。一方、より洗練されたブラウザ監視のテストツールもあります。これは、Google Chrome ブラウザを利用した Selenium を使ってテストします。

New Relic Synthetics を使って行えることは以下の通りです。

  • scripted browsers [スクリプト化ブラウザ]を利用した幅広い監視。ログイン、検索、その他のビジネスに重要なトランザクション。
  • API tests [API テスト]を利用した API エンドポイントの監視
  • 実行済みモニターの 個々の結果の詳細表示
  • summary pages [概要ページ]から、ビックピクチャーの理解


New Relic Synthetics の概要のビデオ (約 7 分).

利用可能な機能は、New Relic Synthetics サブスクリプション [英語] によって異なります。

高度なテスト

New Relic Synthetics は、あなたのコンテンツが利用できるだけでなく、完全に機能していることを確認するために、サイトや API エンドポイントを監視します。また、Synthetics は、シンプルな GET リクエストではなく、実際の Selenium を組み込んだ Google Chrome を利用して、世界中から指定したサイトに対してリクエスを送ります。

Scripted browsers は、テスト可能な範囲を大幅に広げます。珍しいユーザフローやベータテストなどお複雑な手順もテストすることができます。例えば、ニュースレター用のユーザー登録やカートへの商品追加、はたまた検索、重要な情報の確認などを JavaScript ライクな言語を利用して行えるのです。また、テストをスクリプトを書いて、API エンドポイントに対してのテストも行えます。

強化された監視と報告

メトリクスに各チェックの結果が集約されます。そこから、パターンを見て、パフォーマンスの低下の原因を特定することができます。また、毎回のデータをほぞんしているため、どこでサイトが壊れたのか、正確に理解できます。

ウェブサイトや API エンドポイントがアクセスできなくなった時、Alerts が通知されます。プライベートロケーション [英語] を作成することで、地理的な範囲の拡大や内部のウェブサイトを監視もできるようになります。

New Relic Insights にて、監視結果をクエリすることもできます。New Relic は、13ヶ月間監視結果を保持します。そのため、前年比と比較できます。

追加機能

New Relic Synthetics は以下の機能を備えています。

機能 説明
実ブラウザ Simple BrowserScripted Browser 監視において、Synthetics は、サーバーが起動しているかどうかの単純なチェックはしません。実際に Google Chrome ブラウザ(Selenium 入り) でページを読み込み、ユーザーの行動を模したテストを行います。
詳細な結果ビュー Synthetics は、13ヶ月のモニターの実行結果を1つづつ保存しています。これにより、各チェック結果をすべて詳細な内訳まで確認できます
ハイレベルな概要ページ Overview ページ上には、サイトのパフォーマンスと可用性のスナップショットを表示し、Downtimes ページ [英語]では、特定の問題にフォーカスして詳細を確認できます。タイムピッカーを使って、13ヶ月前のメトリクスまで遡ることもできます。
高度なスクリプトでの監視 scripted browsers を利用すると、複雑なテストケースを実行できます。チェックアウトやログインなどの重要な処理が、常にスムーズに実行されていることを確認し、物事がうまくいかなくなったときに比較できるように、ベースラインを構築しておけます。Node.js ベースの組み込みのスクリプト IDE を使うと、ブラウザを離れることなく、スムーズにスクリプトを作成できます。
グローバルな地域をカバー 世界中の地域を選択できるため、世界中のどこから、いつでも、サイトにアクセスできることを確かめられます。モニター対象のサイトがファイアウォール内にあったとしても、Synthetics 静的 IP アドレスをホワイトリストに登録することにより、そのサイトを監視できます。また、プライベートロケーション [英語]を使えば、インターナルなサイトの監視や、デフォルトで提供していない場所からの監視も行えるようになります。
New Relic Insights のサポート New Relic Insights を使って、モニター結果を問い合わせると、より詳細なデータを確認できます。詳しくは、Synthetics のデフォルト属性Insights のユーティリティライブラリをご覧ください。
人気のある解析プラットフォームとの両立 Synthetics モニターは、Google Analytics のような人気のある解析サービス [external link]用のスクリプトを除外します。これにより、毎月、数千のモニターがサイトをチェックしたとしても、お使いの解析ツールに影響を与えずに、同じデータを受信し続けることを保証します。

デフォルトでブロックされているサービスのブロックを解除したり、デフォルトにないサービスをブロックすることもできます。

REST API 関数

Synthetics には REST API があります。これを使って以下を管理できます。

互換性と用件

Synthetics を使うには、サポート対象のブウラザ以外のツールは必要ありません。

ファイアーウォール内のサイトを監視したい場合は、Synthetics の公開ミニオン IP アドレスをホワイトリストに追加してください。

権限

アカウントに属するユーザーはどのロールでも、Synthetics ページの閲覧、モニターの追加編集削除を行えます。

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。