Synthetics モニター一覧: モニターにアクセス

Monitors 一覧は、New Relic アカウントに紐付いた全モニターをリストします。一覧では、過去 24 時間の各モニターのパフォーマンスのスナップショットを提供します。個々のモニターを選択すると、Overview ページを表示し、過去のパフォーマンスについてのより詳細な情報を確認できます。また、類似のモニターのパフォーマンスを簡単に比較するには、リストを絞り込めます

モニター一覧の表示

モニター一覧にアクセスするには、New Relic のメニューバーから、Synthetics を押します。

screen-synthetics-monitor-list.png
Synthetics: モニター一覧から、作成済みの Synthetics モニターにアクセスできます。また、各モニターの現在のパフォーマンス概要が分かります。

モニターのメトリクスの理解

モニター一覧から、作成したモニターにアクセスし、各モニターの現在のパフォーマンス概要が分かります。一覧には以下のメトリクスをがあります。

  • Success rate [成功率]: 成功で終了しているモニターチェックの割合。複数ステップを含むモニターでは、すべての手順を完了していないと失敗と見なされます。
  • Avg size [平均サイズ]: すべての実行に対してのこのモニターの平均ダウンロードサイズ。
  • Load time 50th PR [読み込み時間の 50 パーセンタイルのランク]: 表示されている時間以内にモニター結果の 50 % が完了したことを示す。
  • Load time 95th PR [読み込み時間の 95 パーセンタイルのランク]: 表示されている時間以内にモニター結果の 95 % が完了したことを示す。
  • Frequency [頻度]: モニターチェックの実行頻度。詳しくは、頻度をご覧ください
  • Locations [地域]: モニターチェックを実行している地域の数。詳しくは、地域をご覧ください。
複数のページ読み込みを行っている Scripted Browsers では、そのメトリクスには、スクリプト内の各ステップで読み込んだ全リソースを含んだものとなります。例えば、モニターが平均 1 MB の4つのページを読み込んだとすると、合計の Avg size は、4 MB となります。

モニターのアラート状態の表示

モニターの稼働状況は以下のようにしてチェックできます。

  • Green [緑]: オープン中のアラート違反はありません。
  • Red [赤]: オープン中のアラート違反があります。
  • [ハイフン付きの明るい緑]: New Relic Alerts で定義されたアラート条件がありません。

一覧ページの機能

Monitors 一覧では以下の機能を利用できます。

したいこと やること
モニター一覧を並べ替えたい メトリックを基準に並べ替えるには、列ラベルを選択します。昇順から降順を変更するには、再度ラベルを選択します。
モニター一覧を絞り込みたい 名前でフィルタリングするために、検索窓にモニター名を入力します。
新しいモニターを追加したい Add Monitor [モニターの追加]を選択して、新しいモニターを作成します。
既存のモニターを変更または削除したい 編集したいモニターを行にあるギア アイコンを押し、鉛筆 アイコンを押します。そして、モニター設定を編集します。
モニターのアラートをミュート(一時停止)したい モニターのアラートを一時的に無効にするには、ギア アイコンを押し、 Mute [ミュート]を押します。詳しくは、アラートの一時停止をご覧ください。
モニターを無効にしたい 一時的にモニターを無効にできます。無効になっているモニターは実行されません。しかし、その設定やメトリクスは、確認できるように保持されています。モニターを無効にするには、ギア アイコンを押し、 Disable [無効化]を押します。モニター名の横にグレーの無効化 アイコンが表示されていれば、モニターが無効になっています。再度有効にするには、 Enable [有効化]を押します。

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。