FAQ: よくある質問

ここでは、よくお問合わせを受ける質問を載せています。ここで問題が解決しない場合は、こちらからお問い合わせください。

このサービスについて

Q: New Relic APM 以外の製品の有料版を使いたいのですが、このサイトから申し込めますか?

A: お手数ですが、 お見積りページからお問い合わせください。

Q: Amazon の AWS(Amazon Web Service) で New Relic のアカウントを持っています。デジカの決済やサポートを受けられますか?
A: デジカでは、AWS が提供している New Relic アカウントのアップグレードやサポートは行っておりません。

APM について

Q: サーバーとホストって?New Relic ではこの 2 つをどのように定義していますか?
A: サーバー/ホストとは、OS 上で実行されている物理的または仮想的なマシンインスタンスのことを指します。New Relic はホストを固有のユニークなホスト名で区別しています。

Q: Docker コンテナのインスタンスはホスト数にカウントされますか?

A: いいえ。カウントしません。Docker コンテナを実行している物理サーバーもしくは仮想マシンの数をカウントします。

Q: 支払をしなかった場合はどうなりますか?

A: お支払期限までにご入金頂けなかった場合は、お支払期限の15日後に無料プランに切り替わります。

※ これまでに閲覧可能となっていた過去データは全て消去され、データ保存期間:24時間(無料プラン)に切り替わりますので、十分にご注意ください。

Q: PRO プランに変更するにはどうしたらいいですか?
A: お使いの New Relic 内にある「Upgrade」ボタンを押してください。もしくは、こちらの「アップグレードページ」から申し込みください。
Q: サービスを解約したい時はどうすればいいですか?
A: 年契約プランをご利用中の方は、契約更新タイミング以外は、キャンセルいただいても未使用分の返金は致しかねます。
Q: 購入前に New Relic APM を試せますか?
A: はい。無料アカウントを作成後、お使いのアプリの言語用のエージェントをダウンロードし、ライセンスキーを設定し、エージェントをアプリにデプロイすると、New Relic APM PRO Trial プランとなり、PRO 機能をその時点から 14 日間利用できます。トライアル終了後は、自動的に、Lite (無料)プランに変更されます。
Q: New Relic をアプリから削除するにはどうしたらいいですか?
A: 簡単です。アプリからエージェントを削除するだけで結構です。
Q: サポートに書いてある致命的な問題と一般的な問題の違いは何ですか?

A: New Relic 社では、一般的な問題のサポートと致命的な問題のサポートに別々のプランを用意しています。致命的な問題は、New Relic ユーザーが、以下の問題のうち、1つ以上体験している状況を指します。

  • アプリケーションのクラッシュ: New Relic エージェントがクラッシュしたり、利用しているアプリのパフォーマンスへに大きな負荷をかけていると感じた場合
  • データが利用できない: アプリケーションが New Relic へデータを送信していない場合
  • New Relic サイトにアクセスできない: New Relic ダッシュボードにアクセスできない場合
上記に当てはまらない場合は、一般的な問題としてサポートします。

Insights について

New Relic Insights とは何ですか?
New Relic Insights とは、ご利用中のソフトウェアから直接数のデータを収集して、ソフトウェアや顧客、ビジネスに実際に使える分析結果へと変えるリアルタイム分析プラットフォームです。

NRQL とは何ですか?

NRQL とは New Relic Query Language (New Relic クエリ言語) の略称であり、New Relic Insights のデータベースのデータを取り出す際に使用する SQL ライクなクエリ言語です。詳しい使用方法は こちら (英語)をお読みください。

New Relic Insights を使いこなすには、ソフトウェア開発者のように SQL に詳しい必要がありますか?

SQL についてよく知っていると、New Relic Insights をエキスパートのようにすぐに使いこなせるようになりますが、必須のスキルではありません。New Relic Insights には、充実したチュートリアルが用意されています。使い方はすぐ覚えることができます。さらに、テスト用のサンプルのクエリや、クエリを作成を簡単にする非常に強力なオートコンプリート機能も備わっています。

New Relic Insights はどんなデータベースを使用していますか?

New Relic Insights は、クラウド上にホストされている、高度に分散されたデータベースによって動いています。しかも、インデックスを必要としない革新的な設計になっています。スーパークラスタビルド上で実行されているため、数千ものカスタマーを一度にサポートできます。従って、どれほど大量のデータが存在していても、瞬時にアクセスできるのです。New Relic Insights のインフラについては詳しく知りたい方は、「Insights のデータソース」をお読みください。

New Relic Insights では収集できるイベントにはどんなものがありますか?

New Relic APM を利用するとすぐに、ウェブアプリケーションとモバイルアプリケーションから次の 3 つのイベントの収集を開始します。

  • ウェブアプリケーションからは、New Relic Browser モニタリングが計測した ページビュー イベントと、New Relic AMP エージェントが計測した トランザクション イベントを収集します (.NET, Java, Ruby, Python, PHP, Node.js)。
  • モバイルアプリケーションからは、New Relic Mobile APM SDK を使って モバイルセッション イベントを、モバイルアプリから直接収集します (iOS & Android)。
デフォルトでは、New Relic Synthetics は Insights に一連のデフォルト属性を追加します。
SyntheticRequest 属性は、チェック中に作成された各 HTTP リクエストから結果を返している間、SyntheticCheck へクエリーして、一連の特定のモニタからメトリクスを返します。
New Relic Insights の利用料金を教えてください

New Relic Insights の有料プランの料金は、New Relic リアルタイム分析プラットフォーム内に保存されているイベントの数に基づいて計算されます。New Relic の基本プランは $250/月からご用意しており、保存できるイベントの数の上限は、7500 万となります。

データの保存期間はどのくらいですか?

お選びいただけます。New Relic Insights のデータ保存オプションは設定変更可能です。Insights の料金は保存しているイベント数により決定しますので、保存しているイベント合計数の料金に見合った保存期間の選択を推奨しております。

今使っているアプリのデータを New Relic Insights に追加できますか?

できます。New Relic はカスタム属性も追加できるよう設計されています。基本的に、1 属性につき 1 行のコードをお使いのアプリに追加するだけです。 New Relic を組み込んだだけでは収集されないイベントもあります。そんな時、PageView イベントとTransaction イベントをカスタム属性を使って任意データを追加すると、New Relic で収集できるようになります。ただし、MobileSession イベントは、現在カスタム属性に対応しておりません。カスタム属性の追加方法と、追加可能なデータのタイプにつきましては、こちら をお読みください。

外部データを New Relic Insights に追加できますか?

できます。既定の 「PageView」「Transaction」「MobileSession」加えて、新しいイベントタイプを作成できます。作成には、カスタムイベントを利用します。カスタムイベントでは、ページビュー、サーバートランザクション、モバイルセッションイベントが収集しないデータも自由に保存できます。カスタムイベントのデータは、JSON 形式で HTTP リクエストを送信することで追加できます。エージェントには、これを行うための便利な API も用意されています。

New Relic Insights からデータを抽出することはできますか?

データの抽出は、各チャート、グラフ、ダッシュボードから提供される JSON コード、や New Relic API を利用して抽出可能です。 New Relic のデータを抽出する方法は、「外部からデータを抽出する方法」をお読みください。