セキュリティ

New Relic はセキュリティに関して3つの側面から対策を施しています。外部機関による厳正な監査、徹底した個人情報の保護、厳選したセキュリティのプロスタッフによる運用です。New Relic は、日々、継続的にデータが安全であること保証するために作業しており、ここで述べているセキュリティ対策がユーザーに安心感を与えていることを信じています。

第3者機関による監査

New Relic は、外部の専門家による厳格な監査を受けています。我々の手順は、透明化、文書化され、検証されています。

AICPA SOC audited

AICPA SOC2タイプ2

New Relic は、4年の間例外なく毎年この業界標準のセキュリティ監査を受けています。当社は、当社のデータセンターとエージェントだけでなく、私たち自身の内部のセキュリティポリシー、プロセス、スタッフもまた、の最高レベルに準拠しています。

CSA Star Badge

Cloud Security Alliance – Security, Trust & Assurance Registry (CSA STAR)

New Relic は、CSA STAR レジストリに当社のセキュリティコントロールを文書化し、公開することにより、CSA STARの自己評価を受けています。これは、継続的な監視と、当社のクラウドセキュリティ(透明性、厳格な監査、基準の調和)の重要な原則の遵守を示しています。

徹底したな個人情報の保護

New Relic に送信される機密情報を全て、完全にコントロールできます。New Relic は、他のソフトウェア分析ソリューションに比べてユニークな存在です。エージェントをデプロイした際、デフォルトでは、業界標準で規定されているデータだけでなく、New Relic のセキュリティ設定と社内ルールに則って、転送中のすべてのデータを暗号化しています。

ssae

ティアIII、SOC2認定データセンター

New Relic はシカゴ近郊の ティアIII であるコロケーション・サービス・プロバイダに自己ホスト型のSOC2データセンターを持っています。

セキュアモードの設定

詳しい内容を確認する >

New Relic によるデータ収集

詳しい内容を確認する >

セキュリティの概要

詳しい内容を確認する >

厳選されたスタッフ

New Relic のセキュリティチームは、データ保守のために24時間働いています。New Relic の経験豊富なプロのスタッフが、時代を先取りするハイテク業界の最先端で働いています。Cloud Security Alliance、OWASP、RSA、IAPP、クラウドのセキュリティコミュニティのリーダーです。品質の高い測定を行うために、New Relic のセキュリティスタッフは、全員、情報システムのセキュリティ専門家認定 (CISSP) と Certified Information Privacy Professional(CIPP) のセキュリティとプライバシーの認定を受けています。