Synthetics の機能

Selenium を利用した Chrome ブラウザ で動作する New Relic Synthetics でアプリをモニターし、テストすることでエンドユーザーに影響が及ぶ前に、問題への対応を行うことが可能です。読み取りやすい ウォーターフォール形式のグラフやテスト結果から、詳細なダウンタイムやエラーレポートまで、あらゆるデータを確認できます。

ビジネスに不可欠な機能をモニター

カスタマイズしたテストを行うことで、重要なトランザクションにおけるエラーを防ぎましょう。サンフランシスコでは 1 分単位で、ダブリンでは 1 日単位など、ビジネスの機能とニーズに基づいたテストの場所と頻度を選択が可能です。

世界中からテストを実行

ワシントン、ポートランド、サンフランシスコ、サンパウロ、ダブリン、シンガポール、東京、シドニーからのソフトウェアのパフォーマンスをチェックできます。

実際のブラウザエンジンを利用したデータ

実際のブラウザエンジンを利用して、ページ読み込み時間や個別のアセットを含む詳細なメトリクスを表示できます。今起こっている問題を識別し、対応できます。

スクリプト化されたブラウザ インタラクション

単純なものから複雑なものまで、重要なトランザクションをカスタマイズ可能な模擬ブラウザ インタラクションでモニターし、アプリが常に期待どおりに動作するよう徹底します。

モニターの可用性

あなたのサイトは東京では動作しているかもしれません。しかし、シンガポールではどうでしょう? 簡単な Ping チェックにより、数秒で調べることができます (しかも無料です)!

API テスト

API を呼び出し、各出力とシステム反応が、世界中の多数の場所から正常に返信されることを確認できます。

New Relic との統合

Synthetics は、Insights やその他の New Relic 製品と簡単に統合でき、整合性のある体験と最適なレポートを提供します。

問題解決のための徹底的な解析

New Relic Synthetics の徹底的な問題解決メトリクスを利用し、アプリ内の問題やバグを解決しましょう。異常が発生した場合は通知し、具体的に何を修正する必要があるかを指摘します。これにより、正常に機能し信頼できるソフトウェアをエンドユーザーに提供することが可能となります。

パフォーマンスと応答時間

平均のページ読み込み時間やレポートの大きさから、個別のアセットのパフォーマンスへの影響を把握できます。

エラーのスクリーンショット

エラーが発生している実際のスクリーンショットから、ユーザーがソフトウェア利用時に体験している問題を確認できます。

ダウンタイム レポート

重要なトランザクションで発生したシステムのダウンタイムおよび障害のリストを取得できます。個別のダウンタイムのインシデントを表示し、傾向を分析し、問題が起こりそうな状況に対応しましょう。

HTTP リクエストとレスポンスヘッダー

リクエストヘッダーとレスポンスヘッダーを含む、実際のデータを受信できます。ソフトウェアをデバッグし、最適なパフォーマンスへと戻すために重要です。

ウォーターフォール形式のグラフ

すべての個別アセットのページ読み込み時間を表示する詳細なメトリクスを、閲覧しやすい ウォーターフォール形式のグラフに表します。このグラフ上で簡単にスクロールし、他の期間を表示することができます。

完全なアプリケーション ライフサイクル監視

データの監視は、リリース時から始まるわけではありません。開発の早い段階から導入時や導入後にもテストを行い、アプリにおけるパフォーマンスの全体像を把握しましょう。

その他の New Relic 製品と解析内容の統合

Synthetics は、他の New Relic 製品と簡単に統合でき、整合性のある体験と最適なレポートを可能にします。バックエンドのアプリケーションサーバー監視ツールである New Relic APM により、トランザクショントレースできます。

履歴比較

読み込み時間と HTTP レスポンスコードを通して、モニター結果のさまざまな履歴を比較できます。

アラート、SLA の管理、および顧客満足度

New Relic Synthetics は常時起動しています。長期間アプリが停止した状態にならないよう、重大なエラー発生時にはすぐに通知します。

顧客満足度の管理

Apdex スコアにより、ベンチマークとパフォーマンスの閾値を設定して、エンドユーザーに対する目標を見える範囲で良好に保つことが可能です。

SLA レポート

SLA メトリクスを定期的に確認し、サードパーティのサービスがサービス品質保証に準拠していることを確認します。データを毎日、毎週、あるいは毎月単位で表示します。

3 ストライク アラートポリシー

アラートは、テストを 3 回行った結果が 3 回とも同じエラー結果の場合にのみ送信されます。アラートが送信される場合、それは重量なエラーに関するものであることに注意が必要です。

features